LPIC課題演習 - RPMパッケージの管理(1)(CentOS)

演習概要

演習課題

  1. インストール済みのRPMパッケージをすべて表示します。
  2. 上記のリストを、ソートした上で「rpms.log」ファイルに保存します。
  3. bashパッケージがインストールされているか、インストールされていればそのバージョンを表示します。
  4. bashパッケージからインストールされた設定ファイルのみ表示します。
  5. coreutilsパッケージの詳細情報を表示します。
  6. coreutilsパッケージからインストールされたファイルを一覧表示します。
  7. coreutilsパッケージからインストールされたドキュメントファイルのみ表示します。
  8. /etc/bashrcファイルがどのパッケージからインストールされたかを表示します。
  9. manパッケージの変更履歴を表示します。
  10. manパッケージが依存しているファイルやパッケージを表示します。

ワンポイント

RPMパッケージの管理で基本となるのが、rpmコマンドによる管理です。この演習ではrpmコマンドの照会系オプションの使い方を取り上げました。

演習の解答例

  1. インストール済みのRPMパッケージをすべて表示します。
  2. $ rpm -qa
  3. 上記のリストを、ソートした上で「rpms.log」ファイルに保存します。
  4. $ rpm -qa | sort > rpms.log
  5. bashパッケージがインストールされているか、インストールされていればそのバージョンを表示します。
  6. $ rpm -q bash
  7. bashパッケージからインストールされた設定ファイルのみ表示します。
  8. $ rpm -qc bash
  9. coreutilsパッケージの詳細情報を表示します。
  10. $ rpm -qi coreutils
  11. coreutilsパッケージからインストールされたファイルを一覧表示します。
  12. $ rpm -ql coreutils
  13. coreutilsパッケージからインストールされたドキュメントファイルのみ表示します。
  14. $ rpm -qd coreutils
  15. /etc/bashrcファイルがどのパッケージからインストールされたかを表示します。
  16. $ rpm -qf /etc/bashrc
  17. manパッケージの変更履歴を表示します。
  18. $ rpm -q --changelog man
  19. manパッケージが依存しているファイルやパッケージを表示します。
  20. $ rpm -qR man